社会人基礎力研修☆お役立ちガイド

トップページ > 社会人基礎力研修について > 社会人基礎力研修で将来に繋がるスキルを習得しよう

社会人基礎力研修で将来に繋がるスキルを習得しよう

社会人基礎力研修は、職種にかかわらずビジネスの様々な場面で役立つ事柄を総合的に学べるチャンスとして、多くの企業の間で浸透しています。
特に、社員研修に力を入れている企業の中には、新入社員はもちろんのこと、中途採用社員や管理職を対象とした研修を強化しているところも少なくなく、こうした機会を利用して将来に繋がるスキルを身に着けることができるようになっています。
社会人基礎力研修の具体的な内容については、それぞれの企業の業種や経営方針などに大きく左右されますが、パソコンや語学、ビジネスマナーなどの基礎を学べる研修は、若年層の社員をはじめとして人気が集まっています。
なお、より効果的な研修の企画を考えるうえで、人事担当者だけでなく、様々な部署の責任者にも聞き取りを行うことがおすすめです。


社会人基礎力研修を成功させるためには、様々な分野に長けた専門家に講師を任せることがとても重要となります。
たとえば、社内で適切な講師を見つけることができないケースは、外部の社員研修を専門に担当している会社にアドバイスをもらって、各分野で活躍している講師を直接紹介してもらうのも良いでしょう。
社会人基礎研修を外注する際に掛かるコストについては、研修の期間や内容などによって大きなバラつきがありますが、出費を最小限に抑えるうえで、時間を掛けて担当の講師と打ち合わせをすることがポイントです。
その他、社会人基礎研修を実施するタイミングについて迷っていることがあれば、必要に応じて社員教育に関する知識や経験が豊富なキャリアコンサルタントなどに相談をしてみるのも良いでしょう。


社員のスキルアップやキャリア形成を目的として、社会人基礎研修を積極的に導入する企業の数は年々増加傾向にあります。
そうした中、有意義な社会人基礎研修を実施するには、講義ばかりでなくプレゼンテーションやグループワークなどの様々な形式の研修をバランスよく取り入れることが肝心です。
大手企業においては、社会人基礎研修の内容を全面的に見直したり、様々な教材を採用したりして、一人ひとりの社員が仕事に対するモチベーションを高められるような取り組みが行われるようになっています。
なお、社会人基礎研修を継続して行う場合には、少なからず教育費が掛かるため、それほど経済的な面で余裕がない場合は、なるべくインターネット上で学べるシステムを選択したり、社内で研修の担当者を決めたりするという方法もあります。

カテゴリー

PAGE TOP