社会人基礎力研修☆お役立ちガイド

トップページ > 社会人基礎力研修について > あまり知られていない社会人基礎力研修の起源や内容を知り求められる人材に

あまり知られていない社会人基礎力研修の起源や内容を知り求められる人材に

社会人としての基本的な能力とは何かというものは、以前より議論されてきました。
現代では学力や専門的な知識を有しているだけではなく、コミュニケーション能力も注目されています。
つまり成果を出すには職場の一員として周囲の人間と良好な人間関係を構築できる事も必要であり、社会人基礎力とは人間力とも言われ必要とされています。
2006年より経済産業省が提唱する大学等で学ぶ様な学力と専門知識に次ぐ第3の能力として社会に出る学生に身に着けさせるべき能力とするものです。
コミュニケーション能力や主体性、そして実行力を言い、地域や社会で多様な人々と仕事をしていく為に必要な能力です。
現在は社会人になる前に社会人基礎力研修を実施している企業や、検定試験もある程注目され促進されています。


社会人基礎力は3つの能力と12の能力要素が挙げられています。
企業でも検定団体が実施する社会人基礎力研修でも、これらが基本の内容になっています。
3つの能力とは前に踏み出す力・チームで働く力・考え抜く力を指します。
能力要素はこの3つに必要なものであり、柔軟性や計画力等が挙げられています。
課題発見能力やストレスコントロール、そして発信力に傾聴力といった様に聞くと本当に基本的な事ばかりでわざわざ学ぶ必要があるのかといった内容でもあり、その様な意見も多いです。
しかし学校で学ぶ事は勉強等で、学生の世界と社会の世界は違う事は教えてくれません。
その為、学生の人間力の低下が叫ばれる様になりました。
これは今に始まった事ではなく昔の方も当然当てはまる事ですが、現実に周囲と良好な関係を構築できない社会人が増えてきているので指摘され提唱されるに至ったのです。


社会人基礎力研修の内容はテキスト講習とグループワークになります。
事例を通したレクチャーだけではなく、グループワークで意見を出し合う実践もあります。
導入していない企業でも、検定試験を受けさせる様にと広まっています。
一般社団法人が行っている社会人基礎力研修は検定試験なので試験もあります。
検定試験なので等級もあり、3級・準2級・2級が設けられており、1級は現在実施されたり設けられていません。
企業で研修を実施する人員や時間等を設けている企業もありますが、そもそも企業側からすれば当然に備えておいてほしい能力なので受講を勧める場合が大半です。
検定試験だけではなく、必ず認定講習を受けさせています。
重要なのは検定試験をクリアするのではなく、社会人に必要な能力の基礎を固めてもらう事です。
これは新人社員だけではなく、既存の社員にも必要な能力なので管理職も受講させられています。
どの職種でも業種でも、全ての社会人に必要な能力の基礎ですが、注目されるのはそれ程社会が求める人物像が明確になって成熟した社会になってきた証拠と言えるでしょう。

カテゴリー

PAGE TOP